オペレーター

nlpを駆使するプラクティショナーになるには

認定されたトレーナーとは

講義

nlpを受講した人の中で、それを人に伝えたいと思う人は認定トレーナーとして講習を受ける必要があります。プラクティショナーは初級資格となりますが、国際資格として認定されるものとなります。プラクティショナーはnlpの基礎的な知識やスキルを修得した上で、それを人に伝える実践力を身につけるものとなります。初級とはいえ、基本的にはその効果は非常に大きなものとなります。神経言語プログラミングとしての構造を理解することで、例えば価値観の置き換えを指導することが可能となります。またトレーナーとして指導する中で、自身の成長にもつながることが特徴となります。資格を取得したからと言って、それがゴールでは無いものです。

nlpが提供するのは、環境の変化の中でも日常生活において高いパフォーマンスを維持するセルフコントロールを可能とすることです。そのためのセルフイメージを高く保つ方法を、気づきという形で与えるわけです。そして近年のビジネス環境の変化が、このnlpの必要性を高めています。それと共にプラクティショナーも必要とされています。というのも、正式なトレーニングを受けるためにはプラクティショナーの存在が必要だからです。また、その資格を取得することによって、知識として得たスキルを実際に役立てることが可能となります。自身に問題や課題、悩みなどを抱えていて、その解決策を必要とする人は多くいます。そのためにこのような講習が必要とされるのです。

自分以上に効果が期待可能

スーツの男性と老夫婦

自分以上の能力を開花させる事も期待出来て、仕事でも日常でも、スポーツでも重要なものとなっているものにnlpがあります。マイナス感情を上手く活用する事も出来るので、多くの分野に適しています。そのため多くの世代に人気となっています。

詳しくはコチラ

価値観を変えられる理由

長髪の女の人

nlpは過去の出来事に対する反応や感情を変えることで、価値観は変えることができます。その結果、これからの出来事に対しての感情や行動を変えることで未来を自分が望むものにしたり、新たな目標を持つことが可能となります。

詳しくはコチラ

自分の未来を変えるツール

講演会場

人は自分の人生をより良いものにしたいならば、まずは無意識に働きかけることが必要となります。そこで下される決断を変えることで、より良い選択肢を選ぶことができます。nlpはそのための価値観を変える役割を持っています。

詳しくはコチラ